内部と外部をうまく使い分ける

ダイレクトメールを代行で

ダイレクトメールを送っても消費者からの反応が薄い場合は、ダイレクトメールの代行業者に依頼する方法もあります。代行会社ではほとんどの作業を代行で行なってくれるので便利ですよ。

企業で行われている広告ランキング

no.1

ダイレクトメール

ダイレクトメールは今ではどの企業も行なっている広告と言えるでしょう。コスト面やレスポンス率から考えても宣伝力に優れているとして人気のある広告になっています。

no.2

折込チラシ

折込チラシは企業のサービスをアピールするのにうってつけの広告です。ダイレクトメールでは表せられない情報を載せることが出来るので、消費者の関心を引きつけやすいとされています。

no.3

フリーペーパー広告

求人誌や情報誌の多くがフリーペーパーになっています。これらを目にする方々に向けて、広告を出す企業も多いとされており宣伝効果も期待出来るものと言えるでしょう。また一回のコストも比較的安価と言えますね。

no.4

一般情報誌

一般情報誌には、専門的な情報やカテゴリーに分かれた情報が記載されています。そのため企業としても見込み顧客を習得しやすいので、広告を出すことが多いのです。

no.5

新聞

新聞広告は以前から様々な企業に利用されている広告になります。新聞は毎日目にするものになるので、消費者の印象にも残りやすいという特徴を持っています。

DMリストの種類

はがき

DMリストの優先度

DMリストは内部と外部の2つのリストで構成することが出来ます。しかし、多くの企業が顧客の関心や興味に関する情報を集めた内部リストを優先にしているとされています。

見込みのある顧客

内部リストには企業のサービスに興味を持っている見込みのある顧客のデータがあります。そのため新規顧客の獲得に向けてダイレクトメールを送って興味を持ってもらうことも出来るのです。

見込み顧客の集計

どのようにして見込みのある顧客を集計するかというと、ダイレクトメールでアンケートやプレゼントやキャンペーンの応募を行ない、返信のある顧客を見込み顧客として集計していくのです。

情報不足を補う

ダイレクトメールを送りたいが顧客情報が足りない、という企業はDMリストの外部リストを利用するといいでしょう。名簿販売業者から顧客情報を購入することが出来るので足りない情報を補うのにうってつけです。

広告募集中