DMリストを活かして戦略を立てよう

料金を考える

ダイレクトメールを送る場合、ある程度まとめて送ることで割引を行なってくれる業者があります。またDMリストに関しても大量のリストを購入することで割引が適応されることもあるので、しっかりと調べておきましょう。

DMリストで重要視されていることランキング

no.1

優良顧客リスト

DMリストで最も重要視されている部分は優良顧客リストになります。やはり、企業と繋がりが深い顧客になっているので大切にしたいと考える企業が多いのでしょう。

no.2

見込み顧客リスト

見込み顧客リストは新規顧客に最も近い存在です。顧客獲得を考えている企業からすると見込み顧客の情報は重要で、DMリストの中でも優先度も高いとされています。

no.3

タウンプラス

タウンプラスはDMリストの中の外部リストに該当するものになります。顧客情報がなくても郵便情報からダイレクトメールを送ることが出来るので、多くの企業に利用されています。

DMリストを活かす

はがき

DMリストの内容

DMリストには顧客情報が載っています。そのため、ダイレクトメールで行なうマーケティングにおいてDMリストはかなり重要な役割を果たしているといっても過言ではありません。

見込みへのアプローチ

DMリストで判別できる見込み顧客にはアプローチが必要になるでしょう。どのようなアプローチで見込み顧客を新規顧客に変えるかを様々な観点から考えていきましょう。

企業向けか個人向けか

BtoBと呼ばれる企業から企業へのアプローチなのか、BtoCの企業から個人に向けてなのかを考える必要があります。それによってDMリストの使い道も変わってくるでしょう。

ターゲティングはしっかり行なう

どの層にむけてダイレクトメールを送るのか、どんな相手に購入してもらいたいのか、などのターゲティングは具体的に行ないましょう。曖昧な状態でのダイレクトメールは逆効果を生み出す可能性もあります。

セグメンテーションの重要性

セグメンテーションは顧客と市場の状況を細かく分けることを意味します。市場状況の把握を行なうことで、ダイレクトメールの効果をより高めることができ、DMリストの活用に繋がります。

広告募集中